トップ  >  A11)台湾(台北)の旅  >  衝動で決定!初の台湾旅-台湾旅行記Vol.1-
台湾 台北 成田空港
2016年6月に行った今年2度目の海外旅行は台湾。
意外にも(?)台湾には行ったことが無く初めての訪台です。
成田からたったの3時間半で行ける台湾。衝動で決めた台湾旅が始まる。

チケットが安い!!衝動で航空券購入


アンコール・ワットの旅を終えてからは常に旅行に行きたい病にかかっていた。
(まぁ、ホントに病気にもなっていたけどww)
4月頃、通勤途中に電車内で適当にスマホで航空券販売サイトの「Surprice(サプライス)」を見ていました。

台北っていくらかなぁ~・・・
って、サプライスの割引も入ってトランスアジア航空が往復で14,000円也!!
衝動で購入しました!!
休みも取ってないし仕事のスケジュールも不明だけど、14,000円なら仮に行けなくても我慢できる金額!!
2016年海外旅行第2弾が始まります!!

今回の旅の日程は6/10~12の2泊3日。
この時期は梅雨時期ということもあり本当はもっと後が良かったんだけど、台湾に行ったら見たいものがある。
それは、台湾プロ野球チームの「ラミゴモンキーズ」
我らが千葉ロッテマリーンズと交流があるので、1度は台湾に行って見たい!!
で、台湾は前半後半で別れて、6/12頃が前半の最終節になる。
第1の目的はラミゴの試合観戦とする。

第2の目的は「平渓線」というローカル電車に乗ること。
別に鉄ちゃんじゃ無いので電車に興味がある理由じゃ無いのだが、海外の電車に乗るのって楽しいじゃないですか?
って事で、ローカル鉄道の乗車を第2の目的とする。
ついでに近くの九份にも行きましょうと。

この2つがあれば十分!旅の準備は整った!

海外行くには羽田じゃない!成田だ!!


最近は羽田空港からもどんどん国際線が就航していていますが、正直羽田空港の国際線ターミナルってしょぼいよね。
環境音も海外に行く~~~って気にならないし、、、
出発便の案内を見ているだけでワクワクしてくる。
成田空港

今回乗るトランスアジア航空は、行きが13時出発のGE605便。帰りは15時30分出発のGE608便
朝はゆっくりなのでちょっと早めに空港入りし、展望デッキでまったりします。
基本的にお酒は飲まないようにしているので飲みませんが、ビール飲みながらまったりしたら気持ち良いだろうなぁ~と・・・
フィンエアー
まぁ、この展望デッキは思ったより微妙だったんですけど(^^;

その後、チェックインして出国!
成田空港内を意味なくフラフラするだけでワクワクしてきます。
これから海外に行くんだという気持ちの高揚もありますしね。
成田空港
成田空港の秋葉原
何時頃か忘れたが、色々な場所にでき始めた免税店の秋葉原。
まぁ、買わないですけどね(^^;

そして、成田空港内ではゆっくりするスペースとして「成田スカイラウンジ 和」というスペースが有ります。
成田空港第2ターミナルの本館とサテライトをつなぐ場所にあります。(昔、モノレールが走っていた場所なのかな?)
和をモチーフとしたベンチや安らぎ場所などがあり、ゆっくりとした時間を過ごせます。
売店もあるので、ビールやコーヒーを飲みながら出発時間を待つことが出来ます。
iPhoneを充電
まったり休憩
上記のようにコンセント完備のリクライニングチェアーもありとても便利!もちろんWi-Fiも完備しています!
寝てしまうと飛行機に乗り遅れてしますので注意が必要ですが・・・
また、同じスペースに「GALLERY TOTO」というTOTOプロデュースのトイレがあるのですが・・・何度このスペースに来たことありますが、今回も「GALLERY TOTO」に行くのを忘れました・・・
次回こそ・・・
[adsense]

いざ、桃園空港に向け出発


空港散策・まったり休憩を終え、ついに台北桃園空港に向かいます。
そして、さすがのトランスアジア航空。当たり前のごとく遅延していますww
機内より
機内より
機内から空港にある航空機を眺めながら離陸へ!!

このトランスアジア航空。
まぁ、よく事故を起こしています(^^;
だから安いんでしょうけどね。でも、特に気にせず搭乗します。
飛行機は簡単には落ちません(笑)
そして、前回のアンコール・ワットの旅は全てエアアジア便だったので、久々のフルサービスキャリアです。
お金を払わなくても機内食と飲み物が出てきます。素晴らしい。
そして、往路の機体はA330なので、エンターテイメントビデオも付いていてで映画も見れます。
トランスアジア航空のA320はモニターが無いという噂・・・帰りはA320・・・
往路のA330は至れり尽くせりですね♪

無理やりポジティブにしている感じではありますが旅は楽しまないと!と言うことで全てをポジティブに考え旅をスタートさせます。
スポンサードリンク
カテゴリートップ
A11)台湾(台北)の旅
次
トランスアジア航空で桃園空港へ-台湾旅行記Vol.2-

メディアコンテンツ

スポンサードリンク

サイト内検索

アクセス数