トップ  >  B1:小笠原諸島旅行記  >  小笠原旅行記Vol.6~そして、別れ・・・いってらっしゃい~
小笠原 神様の宝石でできた島 小笠原ユースホステル

小笠原には9泊12日いたため、実際にはもっともっと書くべきことはありますが、あまりにも昔の旅行の為まともな旅行記が書けないので、ここらで終了です。

小笠原諸島を離れる日がやってきました・・・

ユースホステルでは、出航パーティーが催されます。

なんか、みんなで歌を唄ったり、騒いだりと色々した記憶があるなぁ~・・・

しかも・・・やっぱ9泊していると寂しくなるんですね。みんなと別れるのがね。

来たときからいた人。途中から一緒になった人・・・

でも、パーティーで笑いながらお別れです。

<{if $wizmobile_ismobile}>
<{else}>
自分たちがいた時の映像ではありませんが、小笠原ユースホステルの出港パーティーがどんなものかがわかる映像が、YouTubeにはたくさんあります。
気になる方は、是非ともたくさん見て感じてください!

<{/if}>





そして出航の日が来ました。

小笠原では、おがさわら丸が出航する時はみんなで見送りをします。これってすごいですよね!

ちなみに、9泊しているので滞在中に1回見送りに参加しています。

この時は、おが丸に手を振りながら海へダイブww

服を着たままダイブしたので、服が重い重いww死ぬかと思いました(^^;

海に入る時は、水着で入りましょう。



で、出航の話に戻ります。小笠原では東京に戻る人への言葉が「さようなら」では無いのです。



「いってらっしゃい」



帰るのではないんですよ。いってらっしゃい。戻ってこいよ!って事です。

なんでしょう?これは?うれしいんですよね、涙が出るんですよこれが(^^;

本当に最高の島です。

そして、おがさわら丸が出航すると、数多くのボートが一緒に港を出てず~~~~~~~~~っと手を振りながら追いかけてきます。

俺たちが帰る時は「神様の宝石でできた島」という歌を流しながら見送ってくれました。

神様の宝石でできた島



その通りですね、小笠原は。



リアルで覚えています。自然と涙が出たのをね。

ありがとう!小笠原のみんな!帰ってくるよ!!と誓いながら・・・





結局あれから10年。小笠原にはまだ行けていません。

社会人となった今、海外以上に小笠原は行きにくい・・・

まぁ、最低6日あれば3泊6日で行けるけど、やっぱり最低でも9泊12日はいたい!!

きっと、また行こうと常日頃から思っています。

待ってろよ~~~~~~~!小笠原!そしてユース!





かなり意味不明な旅行記でしたが読んでくれて大変感謝です!ありがとうございました!

スポンサードリンク
前
小笠原旅行記Vol.5~美しすぎるビーチ~
カテゴリートップ
B1:小笠原諸島旅行記

メディアコンテンツ

スポンサードリンク

サイト内検索

アクセス数