トップ  >  A3:ドイツ旅行記  >  ドイツロマンチック街道の旅Vol.2~ローテンブルクの街に感動~
ドイツ ヴュルツブルグ ローテンブルク

3日目(3月6日)



今日は列車での移動が中心となります。ロマンチック街道を列車に乗って、気ままに旅をします。

10時ごろの列車に乗って、ゆ~~っくりとヴュルツブルグに向かいます。ローカル線はよくわからないため、フランクフルト経由で向かう事にしました。

・・・なぜ、戻るんだ???などと疑問に思いながら(^^;



マリエンブルク要塞
そして、ヴュルツブルグに着いたのですが・・・何する???って感じでした。

別に何をするとか決めてきたわけではないので、とりあえずガイドブックに載っていた、行列ができるというフランクフルトを買いにマルクト広場まで直行しました!で、露店を発見!たしかに並んでました。

とりあえず、ノーマルなのを買ってみたが、ウマい!!これは、本当にウマいね!ドイツで初のフランクフルトサンド!いやぁ~~、これで、目的の半分近くは済んだ気がします(爆)

とりぜず、食べながらマリエンブルク要塞へ向かうことにしました。

途中に、アルテ・マイン橋ってのがあるのですが、一応観光名所って事になっている模様です。う~~~ん・・・大きな橋。それ以外に感想は・・・無いですね(^^;

何も感動せずにマリエンブルク要塞に直行!が!!遠い・・・・・・坂道だよ・・・・本当に、ドイツって坂道多いです・・・気のせいでしょうか?

ハイデルベルクに続いて、またもや汗をかいてさかのぼり。

小時間かけて、ついにマリエンブルク要塞に到着しました!!怪しいトンネル(?)を超えて、要塞が見えてきました!

なんだか知らんが要塞の途中にあった美術館はパスして奥のほうに進んでみる。

結局、なんだかよくわからんので、奥にあった博物館に進入。

のどかな時間をすごす・・・・博物館って何年ぶりだろ・・・

結局、なんだかわからずに、街へ戻る(爆)

その後、これも観光名所であるレジデンツに行ってみた。

でけぇ~~~!!!!金持ちって怖い(笑)などと思いながら進入をしてみる。

移動日なので、大きな荷物を持っていたため、コインロッカーにを案内されました。荷物を預けて、鑑賞タイムに突入!(博物館や美術館では、基本的には荷物はすべて預けるのが基本です。というか、ほぼ強制的に預けさせられます。)

一言で言えば、綺麗です。大掛かりな工事を除けば・・・

ドイツって、夏場が観光のメインだから、冬に大掛かりな改修工事とかするのかな?かなり工事中だった(^^;

しかし、十分堪能できたと思います。




そして、列車の時間になったので、駅へ向かいました。駅の売店をのぞいてたら「朝日新聞」と「日経新聞」があった!

衛星国際版ってゆ~のがあるんですねぇ~~。4ユーロくらいしましたが(^^;

で、列車を乗り継いで、宿泊先であるローテンブルクに到着しました。

田舎だ!!のどかだ!!これぞドイツの田舎町って感じです!!

ローテンブルクは、城壁に囲まれている街で、狭い門を車がどんどん通り過ぎていくのはなんか危険で、ある意味圧巻でした。

あと、ドイツの街は、家と家の間隔が無いので、駐車場も個人では持てないようで、、路駐は当たり前のようです。右の写真のように駐車場もあるにはあるのですが、多くは路上駐車していました。

BMWやベンツがぼこぼこと路駐してあるのは日本では考えられません。

まぁ、日本などの海外で買う場合と違って輸入税が無いので、ベンツが高級車というわけでは無いのかもしれませんが・・・

逆に言えば、カローラが山ほど走っている日本ってのは、海外からすると【スゴイ】って感じなのでしょうかね?

そんなこんなで、6時近くになっていて、店もほとんど閉まってきた。スーパーも・・・・??スーパーも閉まるんか?

ってことで、あわてて、買い物を済ませる(^^;




そして、ホテルの「ロター・ハーン」に到着しました。ここは、昔の市長さんの家を改修してホテルにしたみたいです。

ドアをあけたらいきなり犬が・・・寝てた・・・。

踏んだらど~~~すんだ!!などと思いつつなでなでする(^^;

チェックインを済ませて、ちょっとくつろいでから夕食に向かう。

ちょうど、ロター・ハーンの近くに「日本語メニューあり」と書かれたPEPSIの看板がある店を発見したので、今日はここに決定!!

店の名前は忘れたけど、ここの店はおいしくてとてもよかったです!!店員のおちゃんも愉快な人で、いい感じでした。

ビールを持ってきたときは、日本語で「カンバーイ」とか言ってくれたりした。ドイツ語で「乾杯」って何て言うのだろう?

でもって、肝心の食事もおいしい!ここはかなりオススメです!



満腹になり、ホテルへ帰還。



3日目の列車ルート(例)

■ハイデルベルク~ヴュルツブルグ~ローテンブルク(フランクフルト経由)

Heidelberg Hbf ⇒(RB or ICE)⇒ Frankfurt(Main)Hbf

Frankfurt(Main)Hbf ⇒(ICE)⇒ Wurzburg Hbf

Wurzburg Hbf ⇒(RB or IC)⇒ Rothenburg ob der Tauber



4日目(3月8日)



ローテンブルクの街角
今日は、ローテンブルクで観光です。しかし、天気はあいにくの雨。しかも霧雨っぽい。嫌ですよね・・・霧雨って・・・・

などと思っていたら、現地の人って傘ささないのね・・・

なぜ???なぜ???普通に雨の中歩いてる・・・いや・・・傘さそうよ・・・ぬれちゃうじゃん・・・・(とか言いながら、自分も海外では傘をさした記憶は無い)

天気は雨でしたが、見るものは全部室内なので特に雨は関係なかった。とりあえず市庁舎入ったんだけど、よくわからんのでそのまま出る(^^;




聖ヤコプ教会

でかい教会。教会ってほとんど記憶が無い。日本ではあまり無いから、ある意味新鮮だった。



人形とおもちゃの博物館

なんかここは、本当に趣味でおもちゃを集めた感じ。

規模は小さいんだけど、いろいろな人形やおもちゃがありました。日本人形も展示されていた。

もう少し大きなところなら良かったのに・・・



中世犯罪博物館

ここが、一番見ごたえあった気がします。公開処刑のこととかも書かれていてゾ~っとしました。

一部の展示には日本語での表示もあるので、非常にわかりやすかったです。入り口では日本語のパンフレットも販売していました。

面白い罰もあり、酒飲みの犯罪者には、酒樽を頭からかぶせられて、マルクト広場に放置されたりとか(笑)

でも、処刑はやっぱりムゴい・・・・嗚呼、今の時代に生まれてよかった(^^;



クリスマスショップ

ここも有名な1年中やっているクリスマスショップ。

中は、ほんとに綺麗な飾りがたくさんあって、すばらしい店でした。商品もいっぱいあって全然飽きません。写真撮影が禁止なので写真を公開できないのが残念。もしローテンブルクに行ったらぜひとも寄ってみてくださいね。



しかし、ドイツ
ローテンブルクの時計台
・・・冬は、人がいません。本当に静かな街でした。商売成り立たないような気もするくらいです。

夏場は、なんかにぎやかになるみたいだけど。ホテルも空室ばっかりみたいでした。

朝食のときも2日間いたけど、2組しか見ませんでした。

本当に、静かな日をすごしたなぁ~~。

スポンサードリンク
前
ドイツロマンチック街道の旅Vol.1~初めてのヨーロッパ~
カテゴリートップ
A3:ドイツ旅行記
次
ドイツロマンチック街道の旅Vol.3~美しきノイシュヴァンシュタイン城~

メディアコンテンツ

スポンサードリンク

サイト内検索

アクセス数